慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)に対するBPA(balloon pulmonary angioplasty)レジストリ研究

 

Outline

研究概要

慢性血栓塞栓性肺高血圧症(Chronic thromboembolic pulmonary hypertension:CTEPH)は器質化した血栓により肺動脈が慢性的に狭窄・閉塞し,肺高血圧症を呈する疾患であり、特に重症例の生命予後は不良である。国内外の施設で外科的治療が施行され,症状,血行動態、生命予後の改善が報告されているが、その適応には限界があり,手術不能例は少なくない。
近年、CTEPH症例に対してBPA(Balloon Pulmonary Angioplasty)が行われるようになり、症状、血行動態、生命予後が改善することが報告されている。
本研究は、日本循環器学会、日本呼吸器学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本胸部外科学会が協力し、CTEPH患者に対するBPA治療の安全性と有効性を確立し、日本だけではなく世界のガイドラインに記載される臨床エビデンスを構築し、BPA治療を前進・普及させることを目的とする。

Remodal

Responsive, lightweight, fast, synchronized with CSS animations, fully customizable modal window plugin with declarative configuration and hash tracking.